発達性障害を克服する教育法

発達性障害を根本から克服する教育法

発達障害を根本から克服する教育法

発達障害を根本から克服する教育法とはなんなのか?
そもそも発達障害は教育で克服できるものなのでしょうか?


まず始めに言っておきますが、全ての人が発達障害を克服できるわけではありません。

しかし、全ての人は自分の子どもを発達障害から遠ざけたいと願うのも確かです。

 

このサイトでは何ができるのか?

既に発達障害を持っている子どもがいたとして改善できるのか?

発達障害の症状が少し見える人の手助けになるのか?

これから子どもを出産する人が発達障害の可能性を減らす知識が身に着くのか?

 

その全てです。

 

発達障害を100%取り除ける、なんてことは断言できません。
しかし少しでも症状を軽く、そして1人でも発達障害を減らすことはできます。

 

これは親が持っている知識で左右される部分も非常に多いです。
「私には関係ない」
なんて思っている人も、絶対に知識として頭に入れておいてください。

 

大切な我が子を守るための必要な知識です。


 

発達障害の原因と内容を知る

先天的な原因により乳児期から幼児期にかけて特性が表れる発達遅延。発達障害です。
知能的な障害、精神、身体的な障害とその症状は様々です。

 

もしもわが子がそうなってしまったら、どうすればいいのか?

 

それはいくつかの意味を持って考えなければなりません。

発達障害を克服するにはどうすればいいのか?
発達障害を軽くするには何をすればいいのか?
発達障害と向き合っていくために親はどう接すればいいのか?

 

全ての人が健常者ではいられず、ある一定の人は障がいを持って生まれます。
先天的障がい、後天的障がい、知的障がい、身体障がい、
障がいの種類は様々です。
克服するにしろ、障がいを認めた上で生活していくにしろ私たち、特に親は障がいと向き合って生きていかなえればなりません。
向き合っていなければいけません。

 

後悔する前にやることがあり、
事実を認めない間にどんどん時間が経過していきます。

 

アナタが子どもと向き合って、正しい知識で接して子どもを導くしかないんです。

 


予防

妊婦時のタバコ、喫煙、アルコールは絶対に控えましょう。妊娠時にこれらの摂取がタブーとされているのは一般的にかなり広く知れ渡っていると思われます。
しかし以外見落としやすいのがコーヒー、紅茶、中国茶、日本茶などのカフェインを含む飲み物。カフェインの影響も妊婦の身体では胎児に大きな影響を及ぼします。
こういった子どもへの大きな負担が及ぶものの摂取は絶対に控えてください。


対策

ではそもそも発達障害の対策はどうすれば治るのか?
恐らくこのサイトに来る人はここが一番気になると思いますが、実はそれより大事なのは発達障害が見つかった時期によります。
よく言われているのが、

2歳までに発見して対応すればほぼ治すことはできます。
3歳までなら50%。半分半分です。
4歳以上になってしまうと、もう発達障害を克服するのは殆ど困難だと言われています。

 

では発達障害を防止する教育、正しく子ども導くしつけ・接し方はどうすればいいのか?
教育、子どもとの接し方についてはほとんどの人が知らないと思います。
それこそ正しい専門知識を所持していなければ、それは子どもとの接し方が悪いだけでなく子どもの将来も大きく崩れていく可能性があります。

 

つまりアナタがきちんと子どものために正しい発達障害の知識と教育、しつけ、子どもとのコミュニケーションの知識を詰め込まなければなりません。

 

少しのお金と少しの時間とたくさんの愛情を子どもに向けてあげてください。

 

正しい知識からの、
正しい愛情と、正しいふれ合いを子どもに向けましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ